薬剤師やすこのブログ

調剤薬局勤務の薬剤師やすこです。 薬のこと、最近気になること、網膜剥離のことなど気ままに書きます。


ープレドニンとバルトレックスの併用ー これなーんだ??

f:id:yakuzaishi_yasuko:20181129121301j:plain


今日は処方例のご紹介。
というか自分用のメモに近いかな。

 

さて下の処方は何の病気に対する処方でしょうか??


Rp)
プレドニン(5) 12T 分3
メチコバール(500) 3T 分3
バルトレックス(500)  2T 分2      内服7日分
ヒアレイン点眼液(0.1) 5ml 1日6回 右眼

 

 

簡単すぎる?


どうでしょう?

 


パッとみた印象は、プレドニン12T !!ってなんだか注意が必要そうで

あぶないわ、と思いますよね。

 


さらにステロイドと抗ウイルス薬の併用ときたーー。
実習生の良い教材になりそうな処方です。

 


だって大学で、ステロイドは免疫をおさえる作用があり、

感染症を悪化させることがある。
と習った習った。よね?

 

 

で、正解は「Bell麻痺」の処方でした。

 


Bell麻痺は顔面神経麻痺のひとつ。

イギリスの解剖学者のBellさんのお名前が由来のようです。

 


発症は10万人あたり年20~30名で40歳代が発症のピークらしいです。

 


そのBell麻痺の原因の一つとしてヘルペスウイルスがあり、ステロイドで炎症をおさえつつ、ウイルスもたたきたいという意図の処方とのこと。

 


医師の話では、この処方で大切なのは何をおいてもプレドニン!!

バルトレックスも併用の必要がある薬、とのこと。

 

 

では、ヒアレインの点眼はなんのため?

わかりますか?

 


これは麻痺によってまぶたを閉じられないことがあるからです。

 


患者さんの話では、シャンプーするときや、服を着替える際など

瞼が閉じないと本当に痛くてつらいとのこと。

 

 

またひとつお勉強になりました!!

 


日々勉強。
患者さんは先生ですね。

  

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

  


人気ブログランキング

©薬剤師やすこのブログ2016